猛禽類観察日記

日々のあれこれ

1月のリスニング記録

 

Blackstar

Blackstar

 

 

 いわずもがなのdavid bowieですが、69歳にして、シーンの最前線を走り続けたのはいろんなミュージシャンの励みにもなりつつ、プレッシャーにもなり続けると思う。

ジャズ界隈の人脈はもちろん、LCD sound systemのjames marphyも参加しているのが今後にバトンをつないだようで、個人的にいろいろと期待している。

 

Swell

Swell

 king kruleのarchy marshall君が新作を出しました。

archy marshallの魅力は、ロック視点からのヒップホップにもとれるしヒップホップ視点からのロックにもとれる、ジャンル的にマージナルなところにあると感じている。

 今回はどちらかというとドープ目なヒップホップよりかな。ceroの高城さんもお気に入りとのこと。

 

 

Coming Home

Coming Home

 

 sign magazineの2015年ベストで気になったので買ってみた。

オーセンティックなR&Bで、元和製モッズのオーセンティックなR&Bを経た方々にぜひ聞いてほしい。

 

 

ザ・カタストロフィスト

ザ・カタストロフィスト

 

世代的に あんまりポストロックには詳しくないのですが、今作はシカゴのジャズや即興音楽のコミュニティにインスピレーションを得たとのことで、かなりリズムが面白いことになっている。日本でいうとjazz the new chapter界隈や、八木晧平さんが提唱しているインディ・クラシックのシーンとも接近しているところがあるような。(違うかな?)

 

 

アウェイ

アウェイ

 

 個人的に懇意にさせてもらっているバンドです。suchmosも良いけど、昭和生まれの人間はscoobie doを聞くべき!

アルバムタイトルにもなっている3曲目のawayも良いけど、個人的には2曲目のIt's a new daysと、20周年にしてバンドメンバーへの感謝を歌った5曲目のファンキー獣道をぜひ聴いてほしい。

決して今まで順風満帆ではなく逆風の中を駆け抜けてきたこのバンドの魅力を感じてもらえるはず。

 

 

チャイナ・カフェ

チャイナ・カフェ

  • 高橋 徹也
  • ロック
  • ¥250

高校生の頃にスペースシャワーTVで聴いて以来、魅了され続けた高橋徹也さんの旧作がi-tunesでリリースされています。この頃のソニースーパーカー七尾旅人高橋徹也など本当に曲をかける方々がメジャーデビューしていてリアルタイムに新世代感を感じていた。まさか、この5年後に土6のガンダムその他のアニメ枠で諸々のミュージシャンをガンガン使い潰すことが想像できないくらいに。